前回の記事では、会話がストレスとなってしまうようなコミュ障の人でも会話が続くコツのお話をしました。

そのコツとは「相手が答えやすい質問を投げかける」ことで会話が続きやすくなるということでした。

前回記事:>>上手な質問の仕方のコツとは?「何故」より「〇〇」が効果的!


今回も引き続き会話をうまく続けていく上手な質問のコツについてお話していきます。

※前回から引き続きしつこくなりますが、質問のコツについては「頭の片隅に置いておく」だけにしてください。「うまくやろう」は「逆効果」です!

2秒以上間を空けない(考えすぎずにすぐ聞いてみる)

コミュ障の人や会話が苦手な人の特徴の一つとして、質問をするときに「考えすぎてしまう癖」があったりします。

質問しようかなと思っても、
(こんなことを聞いたら失礼かな・・・)
とかついつい考えてしまいがちです。

その結果、会話がスムーズにいかずに沈黙が生まれ、上滑りなしゃべり方になったりしてしまいます。


ですから、余計なことは考えずに思いついたことをガンガン質問していくことが大事です。

そして、そのためには「2秒以上間を空けない」ことを意識すると効果的です。


2秒以上間を空けないコツとしては、「制限時間内を乗り切るゲーム」感覚でやることです。


大抵の場合、人付き合いにはタイムリミットがあります。

例えば、飲み会などでは2時間で解散になったりしますし、帰りの電車で一緒になったとしても30分後などには駅に着きます。


このタイムリミットの間に会話を途切れさせないゲームだと思えばいいのです。

質問は「本当に気になること」について聞く!

考えすぎずに2秒以内にどんどん質問していく、といってもどんなことを質問すればいいのかわからないかもしれません。

ですが、それも答えはいたって簡単で「本当に気になったことを聞く」だけでいいのです。


考えないで質問をするということを逆に意識しすぎると、自分にとってどうでもいいことすら質問してしまうかもしれません。

しかし、それでは本心で聞きたいと思っているわけではないのでどうしても会話は盛り上がりません。


それより、自分が「聞きたい!」と思った気になったことを素直に聞くのが一番です。

聞きたいと思ったことを聞けば、自分が興味をもった話題なので話は盛り上がっていきますよ。

相手の答えに対して「驚く」

自分が聞きたいことを聞けば、相手の答えが面白いと思えるはずです。


その場合は「驚いてみる」というのは非常に効果的です。

なぜなら、話をしている側にとっては相手がリアクションを取ってくれるのは非常に嬉しいことだからです。


(私の話をちゃんと興味もって聞いてくれているんだな)

と思われるので、相手も気持ちよくなりドンドン話してくれるようになります。


逆に(う~ん)と思うような微妙な答えだったとしても、それでもやっぱり「驚く」ことをやってみましょう。

自分にとって興味のないことに反応が薄くなってしまう人がコミュ障の人にはやはり多いですが、コミュニケーション能力が高い人は自分にとって興味がない話に対してもちゃんとリアクションを取ってくれます。

例えば、コミュ力が抜群に高い私の友人なんかは、私のアニメの話(相手はそのアニメをしらない)にもちゃんとリアクションをとってくれるので、その人とは話をしていて楽しいと思えます。


このように、相手の話に対して「驚く」といったリアクションを取ることは相手を気持ちよくさせる重要なテクニックの一つです。

会話にオチなんていらない!

会話をしているうちに
(今なんの話をしてたんだっけ・・・?どうやってオチをつけたらいいんだ・・・?)
などと頭が真っ白になってしまうこともあると思います。


よくある勘違いですが、別に会話にオチをつける必要なんてありません。

テレビに出る芸能人ではないのですから、会話にオチをつける必要なんてないのです。


たまに
「お前の話って面白くねーよ」
とか言われたことがトラウマでなんとか面白くしようとオチをつけようと頑張っている人もいます。

しかし、それは逆に言えば
(面白いって思われたい・・・!)
と思っている証拠であり、毎回言っている
「うまくやろう」⇒「逆効果」
に繋がってしまいます。


会話はキャッチボールです。

一人でやるものではありません。



話がつまらないと思われたとしても、それは相手にも原因があったりします。

例えば前回の記事でお話したような「なんで?」という質問は答えづらい質問なので、それに対してうまく答えられなかったとしてもあなたが気にする必要はないのです。


会話は続けていくうちに面白い話題が見つかっていくものです。

続けていけばだんだん話が広がり、次第にお互いの共通の面白い話が見つかってきたりもします。

黙ってしまって会話のキャッチボールを辞めてしまっては、面白い話が見つかる前に終わってしまい会話の楽しさや相手の面白い部分に気づくことが出来ません。


オチをつけなきゃと思ってしまう人や会話が苦手な人は、次の項目を参考にしてみてください。

次のコツを活かせば、別にオチをつける必要なんてないことがわかると思います。

会話を「質問で終わらせる」という意識を持つ

会話のキャッチボールを終わらせないためには「質問で終わらせる」ということを意識しましょう。


会話を質問で終わらす限り、相手は答えてくれるので会話が途切れることはありません。

この際、前回記事でも書いたように「なんで?」と聞くより「どうやって?」とか「好きor嫌い」といったような答えやすい質問にしたほうがベターです。


「『質問をする』という一つのことだけ意識する」
というお話をしましたが、会話に慣れてない方は
『質問で終わらせる』
と意識したほうが会話を続けやすくなるかもしれません。

質問のコツのまとめ

以上、会話を続けていくための上手な質問の仕方のコツでした。

いかがでしたでしょうか?


最初はうつ病の方やコミュ障の方向けの「会話の基本」としての記事として書いていたのですが、今回はちょっとテクニック集的なものとなってしまって会話の基本からは少し離れてしまったかもしれません。

それでも今回の記事を書いたのは「こういうテクニックもあるんだ」ということを知ってもらいたかったからです。


あくまで基本は
■うまくやろうとしない
■質問をする

ということです。


一つ前の項目でもいいましたが、
■質問をする
に関しては
■質問で終わらせる
と言い換えたほうが人によってはいいかもしれません。


とにかく、人はあまり多くのことを同時に覚えられませんし、それが苦手な会話ならなおさらです。

最低限の「うまくやろうとしない」「質問をする(質問で終わらせる)」の2つだけ意識しておいて、それになれてきたら他のコツについても実践していけばいいと思います。


今回の記事は、あくまで「こういう会話の仕方もあるんだ」と知ってもらうことが目的だったので、いきなり実践する必要はまったくありません。

それより二つの会話の基本をしっかり守っていきましょう!

感謝とダイレクトマーケティング

最後に、会話に関する記事で多大に参考にさせていただいた書籍をご紹介します。

それは「コミュ障は治らなくても大丈夫」という本です。

コミュ障は治らなくても大丈夫 コミックエッセイでわかるマイナスからの会話力 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

会話の基本すらわからず会話下手&苦手だった私が、ある程度人と会話することが出来るようになったのはこの本のおかげです。

この本の作者様、吉田尚記様・水谷緑様には深く感謝しています。


今回の記事が参考になったと思ってくれた方は、ぜひこの「コミュ障は治らなくても大丈夫」を読んでみてください!

マンガ形式でこの記事より深くわかりやすく書いてあるのでとても参考になると思います。


以上、ダイマで締めさせていただきます!

関連記事:社会不安障害とは?症状とチェックリスト、対人恐怖症との違い