「不安でたまらない・・・」
「最近思考力や判断力が鈍ってきた・・・」
「鬱の症状で悩んでいる・・・」


そんなときにオススメなのが「ナイアシン(ビタミンB3)」です。


不安というのは、精神的な症状ですが、考え方を変えようと努力したりしてもなかなか簡単には消えてくれるものではありません。


人はなぜ不安になるのか?

その一つの原因に「ナイアシン不足」があります。


また、思考力や判断力が鈍ってきたり「鬱かな?」と思っている人も、ナイアシン不足が原因の可能性があります。

さらに、口内炎や皮膚炎、胃腸障害などにも効果があると言われています。


ナイアシンを摂取すると、それらの悩みがどう変わっていくのか?

ナイアシンの驚くべき効果・効能について解説していきます。

ナイアシン(ビタミンB3)の効果・効能とは?

ナイアシンは、元々ビタミンB3と言われていたビタミンの一種で、「セロトニン」や「ドーパミン」「ノルアドレナリン」といった感情に大きく影響する神経伝達物質の元となる栄養素の一つです。

このナイアシンが不足すると、感情が不安定になり、不安やうつの症状といったものを引き起こします。


ナイアシン自体はトリプトファンから作られ、セロトニンもトリプトファンから作られますので、セロトニン不足には「トリプトファン」が不足している可能性もあります。

しかし、他のビタミン群不足などによりナイアシンが生成されにくくなっている可能性もあるので、トリプトファンを摂取するよりナイアシンを摂取したほうが良いこともあります。


なにはともあれ、
ナイアシンが不足すると「セロトニン」などが少なくなり精神不安定を引き起こします。

うつ病などの精神的な病に苦しんでいる人は、ナイアシンは欠かせない栄養素の一つです。


もし、
・不安や緊張が強い
・思考力や記憶力が落ちてきた
・口内炎や皮膚炎などの皮膚系のトラブルが多い

といったお悩みに心当たりのある方は、ナイアシンを摂取することをオススメします。

ナイアシン不足はサプリメントで補うのがオススメ!

ナイアシン不足を解消するためには、通常の食生活では難しいので、サプリメントによる摂取をオススメします。

なにより精神的な病を抱えている人は栄養不足に陥っているので、サプリメントにより多くのナイアシンを摂取するべきです。


私もナイアシンをサプリメントで摂取していて、その体験談をお話しします。

ナイアシンを実際に使用してみた結果・・・

まず、私が実際に摂取しているナイアシンのサプリを紹介します。

それが下記のNow社のナイアシンアミド(500mg 100カプセル)です。

img_4206


また、同時にビタミンB群のサプリも摂取しています。

他のビタミン類のサプリと同時に摂取したほうが、ビタミンの相互作用により効果が期待できるからです。

たとえば、セロトニンやドーパミンなどの生成にはナイアシンだけではなくビタミンB6や葉酸なども必要となってきます。


というわけでナイアシンのサプリとビタミンB群のサプリメントを摂取していますが、サプリメントによるナイアシンの一日の摂取量は大体500~1000mgほどです。

一気に摂取するよりは分けた方がいいと聞いたので、一日2~3回ほど、食後や寝る前に摂取しています。


その結果、どうなったかというと・・・

「死にたい」と思わなくなった

まず、「死にたい」と思う頻度が大分減りました。

相変わらず落ち込むときは落ち込んでしまいますが(特に人と接した後)、それでも以前は一日一回以上は死にたいと考えていたのが時々になるぐらいまで減りました。

集中力が増した

また、仕事の集中力が増したように思います。

以前は、30分も仕事をしていると「もう疲れた、休憩したい」と思っていたのですが、今は1時間~1時間半ぐらい集中して仕事できるようになってきました。

全体的に精神状態が良くなってきた

その他にも、不安や緊張なども和らいできているのを実感しており、全体的に精神状態が上向きになってきているのを実感しています。

ナイアシンは私には効果が実感できた

以上のように、ナイアシンやビタミンB群のサプリを摂取したことによる効果を私は感じることができました。


ただ、ナイアシン単体の効果でこうなったかどうかはわかりません。

ビタミンB群を摂取しているので、他のビタミンの効果の可能性もありますし、チロシンやトリプトファンも摂取しているのでそれらの効果の可能性もあります。


それでも、ナイアシンやビタミンB群を摂取するようにしてから明らかに症状が軽くなってきているので、効果は確実にあると感じています。


精神的に悩みを抱えている方は、サプリメントによるナイアシンやビタミンB群などを並行して摂取することをオススメします。

ナイアシン・ショック(ナイアシン・フラッシュ)とは?

不安を感じていたりうつ病の症状で悩んでいる場合は、ナイアシンを多く摂取した方がいいとは言いましたが、ナイアシンは過剰にとると「ナイアシン・ショック(ナイアシン・フラッシュ)」という症状を引き起こします。


ナイアシン・ショック(ナイアシン・フラッシュ)とは、ナイアシンを過剰に摂取することで体のほてりやかゆみが生じる現象のことです。

少しぐらいなら大丈夫かもしれませんが、ひどいと体をかきむしりたくなるほどのかゆみが出るとも言われています。


聞くからに辛い症状だと思われると思いますが、ナイアシンのサプリメントのレビューなどを見ると、「ナイアシンショックが出ないと意味がない」など言われていますが、そんなことはありません。

別にナイアシンショックを感じなくても、必要な栄養素は取れていますし、体に悪影響が出るのは過剰だからです。


不安を解消するために変化が感じられるナイアシンショックを求める気持ちもわからなくはないですが、それは「リストカットは心の傷よりはっきり目に見えるから安心する」といった自傷を求める行為と同じです。


上記のようにナイアシン単体を過剰にとるよりは、ナイアシン含め他の栄養素などもきちんと摂取することを心がけたほうが良いと思います。

ナイアシンについてもっと詳しく知りたい方は

ナイアシンに関しての情報についてもっと詳しく知りたいという方は次の記事もオススメしています。

>>敏感な性格の改善方法【人の目を気にする、ストレスに弱いなど】


>>ビタミンB6・亜鉛・ナイアシンの一日の摂取量とは?


ナイアシンは敏感な性格の改善にも効果がありますし、ナイアシンと合わせてビタミンB6、亜鉛を摂取することによってより効果的になります。