前回の記事で猫背が「疲れやすくなる原因」だというお話をしました。

猫背により「自律神経の乱れ」「血流の悪化」「酸素不足」「ストレス」などを引き起こすため、肉体的にも精神的にも疲れてしまうという話でした。

前回記事:>>なぜ、ビジネスエリートには猫背の人がいないのか?から学んだこと


今回はその中でも「自律神経と猫背」という観点から詳しくお話していきたいと思います。

猫背が自律神経失調症を引き起こす!?

猫背が疲れやすくなる原因の一つとして自律神経のバランスが乱れるというお話をしましたが、これが酷くなると「自律神経失調症」を引き起こす可能性があります。


自律神経失調症とは、一言でいえば「様々な心身の不調」が現れる症状です。

体調不良で病院に行き「異常なし」と言われたが、実は自律神経失調症だったという話はよくある話です。


自律神経失調症については定義や解釈が今でもはっきりしていませんが、下記のような症状が出てくると言われています。

・イライラ、不安、緊張、不眠、無気力、疲労感、倦怠感、吐き気、食欲不振、息切れ、生理不順などなど・・・


このように、様々な心身の不調の症状が現れるのが「自律神経失調症」というわけです。

(心身の不調が表れているのにも関わらず原因不明な場合につけられる便利な症状名だとも言われていますが・・・)

自律神経失調症とうつ病の症状

感の良い方はもうお気づきかもしれませんが、自律神経失調症の症状はうつ病の症状と酷似しています。


おそらく、通常の病院で上記のような症状を訴えたら自律神経失調症と診断されるかもしれませんが、精神科やメンタルクリニックに行って上記のような症状を訴えた場合は「うつ病」と診断されると思います。


自律神経失調症もうつ病も、両方とも自律神経の乱れが原因の可能性が高いです。


病院でどちらの診断結果が出るかはわかりませんが、どちらにせよ自律神経の乱れを治すことがストレスやイライラ・不安や緊張、無気力などを改善していくことに繋がっていきます。

猫絵がなぜ自律神経失調症を引き起こすのか?

さて、なぜ猫背が自律神経失調症やうつ病の症状を引き起こすのかというと、
・頭蓋骨と首の骨の境目に自律神経が通っており、猫背だと自律神経が圧迫される
からです。

自律神経が圧迫され続けストレスを受け続けていると、自律神経のバランスが乱れてしまいます。


「ストレス」は精神的な影響からくると思われがちですが、姿勢が悪いだけでも身体にストレスがかかりそれが心へのストレスにも繋がります。

もちろん、猫背からくる肩こりなども気持ち悪い状態=ストレス状態となります。


このように猫背によって身体にストレスを受け続けていると、自律神経のうちの交感神経が優位になります。

交感神経はアクティブな神経であり、「緊張」をつかさどる神経でもあります。


猫背によって交感神経が優位な状態が続くということは「脳が常に興奮している状態」となるわけです。

そうすると緊張が強くなるのはもちろん、不安やイライラといった精神的な悪影響が出てくるのです。

猫背による自律神経の乱れが「免疫力の低下」も引き起こす

猫背が引き起こす悪影響は「自律神経失調症」だけではありません。

猫背によって自律神経のバランスが乱れることによって「免疫力の低下」も引き起こされます。


自律神経は血液中の白血球の分布と関係しています。

交感神経が優位な場合:顆粒球の割合が増える
副交感神経が優位な場合:リンパ球の割合が増える

といったような感じになります。


まず、「顆粒球」は本来細菌と戦う役割を果たします。

しかし、交感神経が過剰に優位になり顆粒球が過剰に増えると体内の組織を破壊し始めてしまいます。

その結果、胃腸炎や胃炎・大腸炎などの原因の一つとなってしまいます。


逆に「リンパ球」が過剰に増えるとアレルギー疾患にかかりやすくなると言われています。


このように、交感神経や副交感神経のバランスが崩れて過剰になることで、上記のような内臓疾患だったりアレルギー症状を引き起こすといった免疫力の低下を引き起こしてしまうのです。


免疫力が低下することで、身体に様々な悪影響(内臓疾患など)が出てきます。

当然、それらの悪影響はストレスになり、精神的にも悪影響となってきてしまいます。

猫背はストレスによっても引き起こされる

このように、猫背が自律神経の乱れを引き起こしストレスに繋がるというお話をしてきましたが、さらに困ったことがあります。

それは「ストレスが猫背を引き起こす」ということです。

ここまで説明してきたのは
猫背⇒ストレス
という図式です。

しかし、
ストレス⇒猫背
にもなるということです。

これは、
猫背⇒ストレス⇒猫背⇒ストレス・・・
といったような「負のスパイラル」に陥ってしまうことを示します。

ストレスによって猫背になるのはなぜ?

なぜ、ストレスを受けると猫背になってしまうのでしょうか?


ストレスを抱えた状態だと交感神経が優位になってしまうというお話をしました。

そして交感神経が優位だと緊張状態になるというお話もしました。

この「緊張状態」が問題なのです。


緊張状態になると、身体は自然とこわばり固くなっていきますし、無駄に身体に力も入ってしまいます。

すると、肩や首の筋肉も硬くなるので姿勢は前傾姿勢となってしまいます。

それがどんどん悪くなっていき猫背を引き起こしてしまうのです。

猫背がもたらす精神的な悪影響はこれだけではない

ここまで、「猫背と自律神経」の観点から猫背が自律神経のバランスを乱し、その結果起こる様々な悪影響についてお話してきました。


ここまでのお話だけでも心身に与える悪影響は相当なものだということがわかるかと思いますが、実は猫背が心身に与える悪影響は恐ろしいことにこれだけではないのです。


次回の記事では、その点についてさらに詳しくお話していきます。

>>猫背がメンタルや対人関係に支障をきたしストレスに繋がる!?