GABA(ギャバ、γ-アミノ酪酸)は、興奮した神経を鎮めてリラックス作用をもたらすと言われています。

そのため、うつ病に関する本などにもよく記載されています。


このGABAに関する情報、実際に使ってみた体験談などをまとめましたので参考にしていただけると幸いです。

GABA(ギャバ、γ-アミノ酪酸)の効果・効能

GABA(ギャバ、γ-アミノ酪酸)は、脳内に存在する興奮を鎮める神経伝達物質のことです。


そしてGABA(ギャバ)は、タンパク質(アミノ酸)から作られていきます。

最初にタンパク質からL-グルタミンが作られ、そこにナイアシンが合成されL-グルタミン酸となり、そこにビタミンB6が合成されるとGABAになります。

つまり、GABAを増やすにはグルタミンを増やすことが必要とも言えます。


GABA(ギャバ、γ-アミノ酪酸)の効果・効能についてお話しします。


GABAは、「神経細胞の興奮を鎮める」作用があります。

具体的には、リラックスする、落ち着く、楽天的になる、不安を抑制するなどの効果があります。



この効果を利用したチョコレートなどが売っていますよね。

これはGABAのリラックス作用を利用した商品なので、ストレス軽減をうたっているわけですね。

GABAのサプリメントなども売っています。


しかし、GABAは口から摂取しようとしても意味がないという説もあります。

この仕組みについてお話しします。

GABA(ギャバ)は口径摂取で効果がある?無い?

GABAを口から摂取(口径摂取)しても意味がないとはどういうことかお話しします。


脳は、血液から栄養を吸収していますが、すべての物質を取り込めるわけではありません。

脳の血管には、脳に取り組む栄養素を選ぶ関所があるからです。


「血液脳関門」と呼ばれるその関所は、かなり複雑な仕組みをしていて、脳に必要な物質でも通さないことがあります。

そのうちの一つがGABAなのです。


GABAは血液脳関門を通ることが出来ず、脳に取り込まれないのです。

だから、口径摂取をしても意味がないと言われ、GABAの効果を期待したいならグルタミンを摂取するべきと言われています。


しかし、一方で「GABAを口径摂取しても効果がある」という研究データがあります。

いったいどちらが本当なのでしょうか。

GABAを実際に購入して試してみた

GABAを口径摂取しても意味があるかどうかを試すために、実際にGABAのサプリメントを買って試してみました。

最初はGABAの入ったチョコレートで試してみようと思ったのですが、含有量が少なく効果を体感できなそうだったので、含有量の多いサプリメントで試してみることにしました。


購入したのはNOW社のGABA(500mg)です。


アミノ酸の場合、空腹のときに摂取したほうが効果がでるので、空腹時に摂取してみました。

また、今私は就職活動中で、就職先をネットで探しているときに非常にストレスが溜まることがわかっているので、そのときに飲んでみることにしました。


結論として「結構効果があるのではないか」と思いました。


とりあえずネットで就職先を探し「やはりなかなか良い条件の会社は見つからないな・・・」と順調に(?)ストレスを溜めていきました。

そこでGABAのサプリメントを飲んでみたら、すごく落ち着いてきたのです。

「このまま良い会社が見つからなかったらどうしよう・・・」と不安とストレスでいっぱいだったのですが、「まぁなんとかなるかな・・・」と思えるようになってきました。


また、朝に予防としてGABAを飲んでみたりもしました。

すると、朝は大体やる気がなく落ち着かない感じがするのですが、その日はやる気も出て「よし、ブログでも書くか」と思えたのです。

やる気に関しては「チロシン」などでも効果があるのは実感していましたが、その場合多少落ち着かない気分で作業に取り掛かっていましたが、GABAを摂取した場合は落ち着きながらも作業をしようという意欲が沸いてきたのです。


このように、私個人の感想としては「GABAの口径摂取は効果がある」と思いました。


理論上、口内摂取は意味がないとは言われていますが、脳科学はまだまだ完ぺきではないので、効果があったとしても不思議ではありません。

私自身は効果を感じることが出来たので、今後も摂取していこうと思います。

グルタミンも試してみた

GABAのサプリメントだけでなく、グルタミンのサプリメントも摂取してみましたので、ついでに報告します。

グルタミンに関しては、正直明確な効果は実感できませんでした。


そもそも、グルタミンはGABAとは反対に脳の興奮を促すものです。

脳の興奮を促すグルタミンから脳の興奮を鎮めるGABAが生成されるというのは面白いですが、GABAの生成に時間がかかるのかよくわかりませんが、とにかくグルタミンを飲んだ後に「落ち着く」とか「リラックス」するとかいった現象は起きませんでした。


以上、私が実際にGABA(ギャバ)、そしてグルタミンを摂取してみた体験談となります。


科学的な理論は置いといて、実際に使ってみた結果としてリラックスを感じることが出来たので、強いストレスで悩んでいる方やリラックスをしたい方は試してみてはいかがでしょうか?

確かに不明瞭なところもありますが、薬とは違いアミノ酸なので危険性も少ないと思いますので、試してみる価値はあると思います。