ここしばらく、精神的に疲れた時などに永田カビさんの「寂しすぎて〇〇に行きましたレポ」を読むのが癖になっています。

(伏字にしているのはグーグルさんに嫌われたくないためです、ご了承ください)


同じような悩みを持っている方のレポートを読むのは共感できますし、やはり何か安心感があります。


しかし、私と永田カビさんではうつ病といっても結構相違点が多くあります。

うつ病の症状が人それぞれなのは当たり前ですが、それでも結構違いが多く、また永田カビさんほど症状は重くないです。


・・・ものすごく失礼なことかもしれませんが(というか失礼)、もしかしたら、心の奥底では
「私より辛い人がいる、私はまだマシなのかもしれない」
とか思っているのかもしれません。

・・・実際そうなのかどうか、私自身よくわからないのですが、全く無いとも言い切れないのが嫌なところで、こういうことを考えるとまた自己嫌悪をしてしまいます。




さて、話が脇道にそれましたが、タイトルにある通り本題は「永田カビさんと私の共通点・相違点」なので、話をそちらに移していきたいと思います。


※解説のために画像を引用させていただきますが、思いっきりダイレクトマーケティングさせていただきますので許していただければと思います。もし不都合がありましたらすぐにご連絡ください。記事は削除します。

さあ、みんなも買おう!



うつ病の始まり


永田カビさんは、「気づいたら」うつ病になっていた、と言っています。

過去の辛い話などいろいろと書かれてはいるのですが、明確な分岐点というのは無いように読み取れます。


私の場合は「いじめられてから」うつ病になった、と言い切れます。

永田カビさんのように日々のストレスから気づいたらうつ病になるという人は多いかと思いますが、私の場合は間違いなく中学生時代にいじめられたことがきっかけです。


・・・とここまで書いたのですが、うつ病自体はやはり「気づいたら」かもしれません。


中学生時代にいじめられたことで間違いなく発症したのは正確にいえば「対人恐怖症」です。

これは、今でも引きずっています(大分症状はマシになりましたが)


高校時代はなんとか過ごしていましたが、正直毎日辛いと思っていましたし、大学生時代は卒業自体はしましたがほとんど同級生と話すこともなくただギャンブルやゲームをしながら無気力に過ごしていました。

うつ病の症状(主に無気力・異常な疲労感)が出始めたのはおそらく高校~大学生時代なので、私も「気づいたら」派なのかもしれません。

でも、やっぱりきっかけは間違いなく「いじめ」です。

もともと対人関係が下手なところはありましたが、それでもいじめさえなかったらどんな違う人生を送っているのだろうと思うことはしばしばあります。


所属意識・自分の形


正直、この「所属意識」とか「自分の形を支えるもの」といった感覚自体は私はさっぱりわかりません。

大学生時代にぼっちで過ごしていたことからも、私は「何かに属したい」という願望はないのかもしれません。

また、「自分の形」という面ではゲームをする自分、ギャンブルで生活する自分といったような
「破天荒に生きる自分」という「自分の形」があったから意識したことなかったのかもしれません。


ただ、「無性に不安だった」という点に関しては、共通しています。

私の場合はとにかく対人関係に尽きますが。

「嫌われるのは嫌だ、変に思われたらどうしよう、うまくしゃべらなきゃ」

ずっとずっとずっとそんなことばかり考えて不安で仕方なかったです。


体の弱さ、ボロボロになっていく自分について


私の体の弱さというと、永田カビさんのように皮膚がボロボロだったり傷が治らなかったりという弱さはありませんでしたが、とにかく「異常に疲れやすい」という弱さはありました。

何をするにしてもすぐに疲れてしまうのです。

それによってボロボロな状態になってしまうのは同じ共通点かもしれません。


しかし、「ボロボロになっていくことがうれしかった」とは全く思わなかったです。

とにかくつらい、ということしか考えていなかったと思います。

でも、少しだけ「こんな疲れやす自分は可哀そうだ」と自分を憐れむことによる独特な安心感というかそういったものはあったかもしれません。




まだまだ序盤も序盤ですがそこそこ記事が長くなってしまったので一旦ここまでにします。


P.S.

今回も雑談記事になってしまってもうしわけありません。


最近、栄養療法やうつ病の対策法に関する記事をあまり書いていませんね・・・

(というか記事自体あまり書いていない・・・ほかのサイトの記事更新に力を入れているので、申し訳ないです)


というのも、栄養療法がうまくいっており体調自体は非常に順調だから、体調に関しての悩みが大分少なくなってきているからだと思います。

ギャンブル中毒などの記事を書く時もそうですが、基本的に私は「今悩んでいること」に関しての記事ばかり書いています。

書きやすいからそれでいいのかもしれませんが、一応ストレスやうつ病の総合サイトを目指している立場としてはどうなのかなとも思ったり・・・