サプリメント
サプリメントを選ぶ基準が分らず、
「どんなサプリメントを買うべきかわからない・・・」
と悩んでいる人も多いと思います。

そこでこのページでは賢いサプリメントの選び方について解説していきたいと思います。

市販のサプリメントが安いのには理由がある

まず、サプリメントには
・天然素材から作られた「天然サプリメント」
・人工的に科学的に作られた「合成サプリメント」

があります。

結論から言うと、
「天然成分のサプリメントを選んだほうが良い」
です。


「天然成分」と「合成成分」の特徴を下記にまとめます。

■天然成分
・吸収率が良い(効果に期待できる)
・値段が高い(コストがかかる)

■合成成分
・吸収率が悪い(効果が期待しにくい)
・値段が安い(コストがかかりにくい)



天然サプリメントは、天然由来のため、人間の体に合いやすいため吸収率が良いと言われています。

栄養の種類にもよりますが、例えばビタミンCは天然に比べて合成は半分の吸収率しかないそうです。


市販で安く売られているものは、大体合成サプリメントだと思って問題ありません。

天然とかかれているものもありますが、多くは天然+合成サプリメントです。


合成サプリメントの問題点の一つに、添加物が多いのも挙げられます。

「添加物は体に悪い」というのはみなさんご存じだと思います。

コンビニの弁当は体に良くないとよく言われていますよね。


では、なぜ体に悪いのでしょうか。

それは、添加物を分解する際に栄養を使ってしまうからです。

せっかく健康のためにサプリメントを摂取しても、添加物が多いと栄養が奪われてしまうのです。



このように、吸収率の違いや添加物の有無を考えると、なるべく天然サプリメントを選んだほうが良いわけです。


栄養成分の含有量が多いものを選ぶ

サプリメントを選ぶ際、重要になるもう一つの要素は栄養素の「含有量」です。

当たり前ですが、過剰摂取にならない限りは、栄養素が多い方が良いです。


特に、ストレスが多い方や疲れている方は、栄養の消費量も多いので、普通の人より多めに栄養を摂取する必要があります。

タバコを吸う方や、お酒の量が多い方も注意が飛鳥です。

ストレスやタバコ、お酒などが消費する栄養素は非常に多いのです。


市販の安物のサプリメントは、含有量も低いものが多いです。

ナチュナルクリニック代々木のお医者さんのお話によると、
「市販のサプリメントは一般の健康的な人が使う分にはまだ良いけど、ストレスで悩んでいる人が使うには量が少なすぎる」
といったようなことを言っていました。

栄養の組み合わせも大事

栄養というのは、基本的に単体で摂取しても効果が薄いです。

なぜなら栄養は様々な栄養素と組み合わさって、吸収率がアップしたり必要な栄養素が生成されるからです。



例えば、精神に重要な影響を与える「セロトニン」。

これの原料となるのが「トリプトファン」ということは良くしられていると思いますが、セロトニンを作るためにはトリプトファンだけを摂取していてはダメなのです。

トリプトファンに加えて、葉酸・鉄・ナイアシンを合わせて「5HTP」となり、5HTPとビタミンB6が合わさって「セロトニン」となるわけです。


このように、セロトニンを増やしたいと思うのなら、葉酸や鉄、ナイアシン、ビタミンB6も同時に摂取する必要があります。

ですから、単体の栄養素を取るより、複数の栄養素が入ったマルチサプリメントを選んだほうが効率的なのです。


天然由来・高含有量・複数の栄養素がとれるオススメのサプリは?

ここまでで、
・天然由来の天然サプリメントの方が吸収率が良い
・栄養素の含有量は多い方が良い
・複数の栄養素が合わさって効果アップが期待できるサプリのほうがいい

というお話しをしました。

では、実際どんなサプリメントを選ぶべきなのでしょうか?


そこでオススメなのが、
「ダグラスラボラトリーズ」
のサプリメント製品です。


ダグラスラボラトリーズは、アメリカの60年以上の歴史を誇る老舗トップメーカーです。

ダグラスラボラトリーズの特徴として、
・アメリカの会社なので含有量が多い
・天然由来のみを扱う
・効果的になるように複数の栄養素が組み合わさっているものが多い
・厳しい基準に基づいた検査体制や品質管理が行われている

といったものがあります。

このように、高品質・高含有量のため値段も高いですが、それに見合った効果が期待できます。


お金が許す限りは、高品質・高含有量の製品を選んだほうがいいですが、そうはいってもお金が厳しい人もいると思います。


金銭的に余裕がない人にオススメの会社が、「Now」「ライフスタイル」や「アクアヴィータ」です。

こちらは、手軽に買えるが効果は高めというリーズナブルな商品となっています。

>>参照


このように、安価な商品を探すとしても、日本製よりアメリカ製の方が良いです。

日本より基準が厳しいという点もありますが、やはりなにより含有量が多いです。


サプリメントによる栄養療法を行う場合、なるべく天然サプリメントを選んだほうが良いのは確かですが、どうしてもお金の問題が出てきます。

安価な商品でも、効果がないわけではありません。

実際、私も安価な商品をいくつか利用しています。


ですから、
・マルチビタミン
・マルチミネラル
・マルチアミノ酸
・特に治したい症状に必要な栄養素

など、基本となるマルチ系や重要度の高い栄養素に関しては、高くても良いものを買って、そのほかの補助的に補給したい栄養は安価のサプリメントで済ますという選び方をしてみるのもいいかもしれません。

もちろん、お金に余裕があるのでしたら、高品質・高含有量のサプリメントを選んだほうが効果は期待できます。


次回記事:サプリメントの過剰摂取・依存症・海外製の安全性について