ついに、仕事を辞めました。

約2か月半という短い期間ではありましたが、私にとっては非常に苦しい地獄のような日々であり、また同時に多くのことを学べた期間でもありました。

ある意味濃厚な日々だったと言えますが、正直もう二度とこういうつらい仕事をすることは辞めようと心に誓いました。


どれだけ苦しかったかということについて、いつものストレス発散方法の「頭で考えていることをすべて吐き出す」ということをしたので、恥ずかしいものではありますが公開したいと思います。

・私がどれだけ精神的に参っていたかということ
・「頭で考えていることを吐き出す」という実際の例

という2点について参考になればと思い公開いたします。

(このつらい思いを忘れないための備忘録としての記事でもありますが)



もう限界、もう無理、これ以上耐えられない。

意味わからない。
絶対に終わらない仕事量を割り振られるのはもう嫌だ。
終わりが見えない仕事をするのはもう嫌だ。

なんでずぶの素人に仕事を丸投げしてるのか意味わからない。
なんで入って1か月2か月の素人を現場に一人ぼっちにさせてほかの現場に行ってるのか。
こっちはわからないことばかりなのに、一から丁寧に教えるとはいったい何だったのか。

「みんなつらいんだよ、辛いのは自分だけじゃない」とか言うけどそんなことわかってるんだよ。
誰も自分だけが辛いとか思ってるわけじゃない。そうじゃない。

自分が言いたいのは、なんで無理なスケジュールを組んで終わらない仕事量をずぶの素人に任せるのかということだよ。
そりゃクレームだって出ますよ、「素人じゃないか」って言われたけど実際その通りですから。

言っときますけど、手を抜いてたみたいに思ってるかもしれないですけど、自分は自分なりに一生懸命やってますから。確かにスピードは遅いかもしれないし、クオリティも低いかもしれない。
それでも、自分は自分なりに頑張ってやった結果なんですよ。

そもそも質とスピードを素人に求めるのがおかしいんですよ。

プロ意識をもってとかいいますけど、そりゃあ半年とか1年とか経ってから言われたら分かりますけど、1か月や2か月で言われてもプロ意識なんて持てるわけないですよ。

自分で考えてとか言いますけど、そんなのちゃんと教えてもらってないのに出来るわけないじゃないですか。
教えてもらってから初めて出来るんですよ、そういうのは。

ちゃんと付きっ切りで教えてもらったことなんてありますか?ないですよ。

掃除の仕事自体は楽しいと思いましたし、天職になりうると思いましたよ。
でもこのやり方にはもうついていけません。


確かに、もっとちゃんと自分の気持ちを正直に言えば良かったとは思います。
なんでもかんでも我慢して溜め込み過ぎたのはあるかと思います。
言わなきゃ伝わらないとも思います。


もし、「仕事舐めてるの」とか「ふざけてるの」とか言われたら。

その言葉そっくりお返ししますよ、と反撃しよう。
こんなずぶの素人を一人で送り込むのがふざけてるし、そんなのお客様に失礼だと思わないのか。
クレームが出たって当たり前じゃないですか。
言っときますけど、自分は手を抜いてたわけじゃないですから。自分なりに一生懸命やった結果ですから。自分からこう言いたくはないですけど、素人がやったらあんなものですよ。素人に期待しすぎなんですよ。

もし、「素人というな、プロなんだから」とか言われたら。

素人に決まってるじゃないですか。働いて1~2か月でプロ意識もくそもあったものじゃないですよ。
一生懸命やろうと頑張っては来ましたけど、プロ意識なんて持てるわけがないですよ。
お金を貰う以上プロとか言いますけど、そんなこと押し付けないでください。だったらお金を貰っている以上、素人を一人で送り込む真似なんてしないでください。


こんなこと自分だって言いたくないですし、初めて言いますよ。
それぐらい耐えられなかったんです。本当に無理なんです。
ストレスが激しすぎるんです。

※まだ1~2か月でわからないことばかりの素人なのに一人で現場に置いてかれるというのが非常に精神的に辛かった。ほぼ全てこれに集約される。



これは、2月半ばに書いたものですが、前日までに非常に辛い現場ばかり一人でやらされ、本当に精神的に参ったので(2月末まで耐えられない、今すぐ辞める相談をしよう)と思ったときに書いたものです。

なるべく早く辞めたいということを伝えたときに、言われるであろう苦情に対する反論もいろいろ考えていました。

結局その反論はまったく使わなかったのですけどね。


この文章を書いた翌日、社長に電話で連絡しました。



私「お疲れ様です。相談があるのですがただいまお時間大丈夫でしょうか。」

社長「大丈夫だけど、どうしたの?」

私「その、ええとですね、もう今月働いた分の給料はいりませんのでなるべく早く辞めさせてほしいのです。」
(かなり言い出しづらかった)

社長「あっそう、わかった、でもなんで?」
(意外とあっさり承諾してくれた)

私「もう限界です。」

社長「わかりました。」
(深く問い詰められることも苦情も言ってこなかったです)




端折っているところはありますが、大体こんな感じでスムーズにカタはつきました。



やっと。

やっと短くも長く苦しい戦いが終わったのだと思いました。



この日はしばらくぼーっとしてました。

解放感とか、これからどうしようとか、明日はゆっくり休めるとか、遊びに行こうかとか、次の仕事はどうしようとか、本格的に栄養療法に専念できるとか、いろいろな思いがこみ上げてきて、それらをゆっくりとかみしめていました。


・・・とにかく、終わったのです。

仕事を始める前はかなり精神的に回復していた状態だったのが、相当ボロボロになってしまいましたが、そんなクソッタレな生活もついに終わったのです。


これからどうするかは正直まだよくわからないのですが、とにかく今は疲労を回復することに専念しようと思います。



とりとめのない雑記となってしまいましたが、うまくまとめる方法も思い浮かばないのでこのまま公開します。

今はただゆっくりしたいのです。

落ち着いたら、ふたたびこのブログも再開して、栄養療法などもしっかりと行い、きちんとうつ病を回復させていこうと思います。


長文となり、特に面白いことや参考になることも書けていない自己満足の誰得記事ではありますが、以上です。