栄養療法を本格的に始めてから5カ月が経過しました。

5か月目、とは言いましたが、本当はこの記事を【新・栄養療法体験談(1か月目)】として書きたかったです。

というのも、前回の記事でもお話ししましたが、ブラック会社に勤めたことにより順調に回復してきていたはずの体調がかなり悪化してしまい、会社を辞めてから元の状態に戻るまで1か月近くもかかってしまったからです。

>>【栄養療法の体験談】3カ月経っての感想


会社に勤めている間、そして会社を辞めてから回復するまでの1か月の間は本当にうつ病の症状が酷かったです。

何もやる気がおきず、自暴自棄になってやるべきことをやらずにギャンブルやゲームなどで遊んでいる日が多かったです。


まぁ、「栄養療法などでうつ病の改善を図ろうとしてもブラック企業のストレスが酷い状況でオーバーワークをしていては改善は難しい」ということがよくわかったのは貴重な経験だったとは言えるかもしれません。


それに、人生はゲームとは違ってリセットできません。

これもまた一つの記録として参考になる人もいるかと思い、引き続き「5か月目」として記事を書いていきたいと思います。

栄養療法を本格的に始めてから5か月目の体調

現在の私の体調についてまとめると下記のようになります。

やる気(無気力)

⇒毎日1~2時間以上、安定して作業が出来るようになって大きな改善がみられます。
調子が良い日だと4時間以上作業ができたりもします。

不安

⇒以前ほど不安感や「死にたい」といった気持ちを抱かなくなってきました。

緊張

⇒対人関係の緊張は相変わらずありますが、以前よりは少しよくなってきました。「上司」などの偉い人に対しての緊張感は相変わらず酷いですが、以前は緊張していた「あまり親しくない人達」との会話であまり緊張しなくなっている自分に気づきました。

ただ、会議などは未だに苦手で、非常に緊張して疲れてしまいます。

ストレス

⇒ストレスは全体的に減ってきました。イライラすることとかも減ってきていると思います。

疲労感

⇒疲れやすいのは相変わらずですが、活動できる時間は明らかに長くなってきているので少しずつ改善してきていると思えます。

不眠

⇒不眠はもうほとんど改善されました。ただ、逆に少し過眠気味なところもあります。

食欲(胃腸の調子)

⇒食欲も順調で、下痢や軟便などもときどきなってしまいますがだいぶ少なくなりました。

ギャンブルやゲーム依存

⇒ギャンブルやゲームはかなり自重できるようになりました。それらをする時間があるならブログを書きたいと思えるようになっています。


といった感じです。


こうやってまとめてみると、1か月目と言っていることが結構似てますね・・・^^;

やはり、ブラック会社に勤めたことでリセットされてしまっているので、新体験談として書きなおしたいです・・・;;


ま、まぁブラック会社に勤めても、辞めてしばらく栄養療法をしていれば1~2か月でここまで回復できるという指標にはなるでしょう。

現在行っているうつ病改善の手段について

5か月目の現在行っているうつ病の症状を改善するための方法について改めてまとめてみました。

栄養療法

摂取しているサプリメント
<基礎サプリ>
・マルチビタミン&ミネラル
・マルチアミノ酸(ソイプロテイン)
・ビタミンB群
<ストレス対策(タバコ対策でもある)>
・ビタミンC
・ビタミンE
・ナイアシン
<脳機能改善>
・オメガ酸3(EPA&DHA)
<疲労改善>
・コエンザイムQ10
<胃腸改善>
・プロバイオティクス
<不安感や緊張感などネガティブ感情対策>
・5HTP
・GABA

結構色々と摂取しているので、どれが一番効果的なのかがちょっとはっきりしないのですが、これらを摂取していることによって現在体調は順調に回復していっていると思います。

ただ、朝一にセロトニンの元となる「5HTP」を摂取しているのですが、これは摂取したときとしていないときで不安やストレスに対する効果の差が結構はっきり出ていると感じています。


ちなみに、基礎となるマルチビタミン&ミネラルは以前よりちょっと多めに摂取するようにしています。

そのおかげで順調に回復しているということも考えられます。

食事で気を付けていること
食事で気を付けていることは、
・ゆっくり噛んで食べる
・炭水化物や甘いものを控えるようにする
・お米などを食べるときはおかずを先に食べ炭水化物は最後に回すようにする
・冷たい飲み物や食べ物は控えるようにする
・豆乳や果糖の少ない野菜ジュースを摂取するようにする

といったところです。

薬物療法

現在私が摂取している薬は
・SNRI(抗うつ薬):セニラン2mg(プロマゼパム)
・抗不安薬:サインバルタ30mg

です。

薬物療法の効果は、私はかなり大きく効果を実感しています。

薬物療法によって「やる気」と「不安」がかなり良くなってきていると感じています。



また、サプリメントと薬は同時に取らず、食後はまずサプリメントを摂取してそこから30分~1時間ぐらい経ってから薬をとるようにしていました。

同時に摂取するとそれぞれがかぶってしまい効果が薄くなるとらしいと聞いていて、確かにそれは実感していました。

精神療法

精神療法、とまでは言わないかもしれませんが、
・「コミュ障は治らなくても大丈夫」
・「不安症を治す 対人不安・パフォーマンス恐怖にもう苦しまない」

の現在悩み中の対人関係に関する本を2冊読みました。

これらを読んだことで、人付き合いに対する不安や会話の緊張などが和らいでいると思います。

その他、運動や睡眠など

毎日の運動(1時間以上の散歩やジョギング)を続けています。

睡眠も問題なく取れています。むしろちょっと寝すぎかもしれません。

夜9時頃には豆電球だけの明かりにしてにして暗くし、夜11時頃には寝るようにし、朝6~7時ごろに起きるような生活をこころがけていました。

実際は、12時過ぎに寝て10時過ぎまで寝てる、というパターンも多かったです^^;


その他現在やっていることについて

4月から新しくバイトを始めました。

バイト内容は某ピザ屋のポスティング&デリバリーです。


仕事時間については、前回の反省を生かし「週4、5時間」です。

もう二度と「週5~6、平均12時間」のようなオーバーワークはごめんです。


とはいえ、これでもかなり少なめに見積もったつもりですが、それでも働いた後はヘトヘトになってしまいます。

やはり「疲れやすい」というのと「対人関係の緊張」などが疲労感に繋がっているのだと思います。(以前よりはマシですが)


ただ、バイトのない休日の日はほとんど毎日出かけていて「カフェでブログを書く」「犬の散歩やジョギングなどをする」「読書や動画を楽しむ」などの生活に余裕が出来てきているのも実感しています。


やはり、うつ病で自分で思っているよりも弱っているので、週4日の5時間ぐらいが回復期としてはちょうどいい仕事量なのかと思います。


余談ですが、ポスティングはかなりうつ病の人向けのバイトだと思います。

時給こそ安いですが、基本的に対人関係を気にしなくていいですし、歩き続けてお金がもらえるというのはリハビリの仕事としてこれ以上最適なものはないのではないのでしょうか?

今後の課題

最後に今後の課題についてお話します。


正直言って、日常生活自体はかなり順調に過ごせているのを実感しています。

だいぶ回復してきているのだと思います。


バイトも最初は緊張しましたが、慣れてきたのでストレス自体はかなり少ないです。

休みの日も、一日中ゴロゴロする日はほとんどなくなっていて、読書などを楽しむ余裕もできています。


ただ、「バイトのストレスは少なくなった」とは言いましたが、それでも5時間のバイトを終えるとヘトヘトに疲れてしまっていて気力がほとんどなくなっているんですよね。

この疲労感はなんとかしたいところです。


それと、いまだに「対人関係の緊張」、特に「会議などの人が多く集まる場所での緊張」は酷いです。

じっとしているのが苦手なんですよね・・・

自分がキョドっていないか、非常に不安になりものすごく疲れてしまいます。


なので、今後の課題は
■疲れやすい体質をなんとかする
■対人恐怖症や社会不安障害を改善していく

ことです。

これさえ直れば、もううつ病の悩みはほとんど解決したと言っても過言ではないかもしれません。


・・・こういった「もう大丈夫!元気だし順調順調!」と思っているときこそ、痛い目にあったりするんですけどね。

急に症状が酷くなることはやっぱりあるので油断せずに行きたいところです。


追記:対人関係の緊張として「上司のいる状況が酷く疲れる」というのを忘れずに追加しておこうと思います。今日たまたま上司の人たちがバイト先に集まったのですが、緊張が酷くて尋常じゃなく疲れてしまいました・・・

普段はチラシ配りや配達などで人と関わらないバイトだからこそかろうじて出来ているだけであって、この症状がある限り社会復帰など厳しすぎるので、なんとかしていきたいと思います。


次回記事:【栄養療法の体験談】半年前と現在の私との比較【6か月目】