「疲れやすい・・・」
「元気が出ない・・・」
「何もする気が出ない・・・」


こういった悩みを抱えている方が、絶対に抑えるべきポイントがあります。


それが「自律神経の乱れ」です。


みなさんはこういった経験はありませんか?

「ストレス解消のためにゲームやギャンブルをやって楽しかったけど、ストレスはあまり解消できてないし疲れも取れないしおまけにやる気も出ない・・・」


これはひとえに、「神経を興奮させすぎて自律神経が乱れた」ことが大きな原因の1つです。

自律神経が乱れると、うつ病の症状が出てきたりやストレスに対する耐性が低下したりします。



そんな「自律神経の乱れ」がどういった風にどれだけ体に悪影響が出るのかについて解説していきたいと思います。

自律神経とは?

まず、「自律神経」とはいったい何かということから解説していきます。

自律神経とは、
「内臓や血管などの生命機能をコントロールする神経」
のことです。


胃や腸が食べ物を勝手に消化してくれたり、血管が勝手に収縮するのはすべて自律神経のおかげですし、意識せずとも呼吸をしていられるのも自律神経の働きの一つです。

意思とは関係なく自律して動く神経が「自律神経」というわけですね。


このように、生きるためにとても重要な自律神経ですが、自律神経には2つの種類があります。

それが、
・交感神経
・副交感神経
です。

「交感神経」と「副交感神経」の働きについて

交感神経は「昼の神経」と呼ばれ、体や心をアクティブな状態に導きます。

副交感神経は「夜の神経」と呼ばれ、体や心をリラックスの状態に導きます。



この2つの神経は同時に機能していますが、どちらが優位になるかで体や心の状態が変わってきます。

交換神経が優位になるとやる気がでてきますし、副交感神経が優位になると落ち着いた状態になるわけです。

そして、一般的に交感神経は「昼」に活発になり、副交感神経は「夜」に活発になりやすいのです。


自律神経(交感神経・副交感神経)

自律神経の乱れとは?

さて、この自律神経の「交感神経」と「副交感神経」ですが、両方とも高いレベルを維持してバランスが取れていると体の調子がよい状態となります。

そして、多少の優位差が生じるのは普通なことで問題はないのですが、大きな優位差が生じると体の調子は悪くなります。

それがいわゆる「自律神経の乱れ」と言われています。


・交感神経のレベルが高く、副交感神経のレベルが低いとき
⇒免疫力が低下し様々な病気にかかりやすくなります。

・副交感神経のレベルが高く、交感神経のレベルが低いとき
⇒うつ病の症状(無気力など)が現れてきます。

・交感神経も副交感神経もレベルが低いとき
⇒疲れやすいなど体の不調が出やすくなります。


こうは書きましたが、両方ともレベルが低いときは両方ともレベルが高いときに比べると良い状態とは言えませんが、それでもバランスが崩れている時よりはマシな状態です。

自律神経のバランスが崩れているときが一番問題で、ストレスに弱くなりうつ病の症状が出やすくなります。

ほとんどの現代人が「交感神経が優位」になっている

精神的な悩みを抱えている現代の日本人に対する研究結果では、
「ほとんどの人が交感神経が異常に高く、副交感神経が極めて低い」
ということがわかっています。

うつ病の原因としても、基本的には交感神経のレベルが高いことが原因で免疫力の低下やストレスに弱くなるなどでうつ病に繋がっていきます。

自分の自律神経のバランスが気になる方は、病院で検査してもらうといいでしょう。

まとめ

以上、自律神経(交感神経と副交感神経)の基本的なお話でした。

交感神経・副交感神経の働き、そしてそれら2つのバランスが崩れると「自律神経の乱れ」が生じてストレスに弱くなりうつ病の清浄が出やすくなるということは理解していただけたでしょうか?


次の記事では、どういったメカニズムで自律神経が崩れると体調が悪くなるのかについてもう少し詳しくお話をしていきたいと思います。

>>自律神経の乱れがなぜうつ病に繋がるのか?血流や腸との関係とは?